豊橋市 パワーストーン ブレスレット サンキャッチャー天然石の天使の和 愛知県 浜松市 名古屋市
 

パワーストーンの浄化とは

A:浄化とは、天然石が本来もっているエネルギーをより発揮しやすい状態に戻すことを言います。 天然石は身に付けたり、置いておくことで様々なエネルギーを吸収してしまいます。 吸収するエネルギーのなかには持ち主にとって、良くないものが含まれる場合もあります。そのため浄化が必要になってくるのです。 浄化のタイミングに特に決まりはありません。急に色が薄くなってきたり、石がくすんできた、輝きがなくなってきた等の変化があり、それらがとても気になる場合は、石が浄化を欲している可能性が高いので、その都度浄化してあげるのが良いでしょう。       

 

浄化方法について

一般的に良く知られている浄化方法には次のものがあります。

1.太陽光に当てる

2.天然塩の中に入れる

3.ホワイトセージでいぶす

4.流水にさらす

5.月光に当てる

6.水晶などのさざれの上で休ませる

7.クラスターの上で休ませる

 

このうちどの石にでもOKな浄化方法が、3・5・6・7です。

 

1、はできれば午前11時くらいまでがべストです。困難な場合、1時間程度午前中の日光に当てればOKです。ただし、紫外線に弱い石もありますので注意が必要です。

2、は天然塩(あら塩などがベスト)を入れた器に埋めて清めます。一晩置いたら流水で洗います。使った塩は悪い気がこもっていますので、再利用せず、流しきってください。この方法も塩分に弱い石もありますので注意が必要です。

3、のホワイトセージは、乾燥したセージの葉に火をつけて消し、煙でパワーストーンをいぶすことです。終わった後は必ず換気することと、石を柔らかい布でふき取ることを心がけてください。

4、は石が吸収した悪い気を洗い流すイメージで行ってください。汚れが完全に落ちきったことをイメージできたら完了です。水道水でも構いませんが、浄水器を通した水ならなお効果的です。自然の湧き水なども効果的ですよ。

5、は美しい月が出ている夜に一晩パワーストーンを当てる方法です。浄化と共にエネルギーチャージも可能です。特に、冬の満月はパワーが強く、浄化に最適と言われています。

6,7はどの石でも問題なく浄化可能でおすすめな浄化方法です。