豊橋市 パワーストーン ブレスレット サンキャッチャー天然石の天使の和 愛知県 浜松市 名古屋市
誕生石とは

 誕生石(たんじょうせき)とは生まれた月に当てて定められた宝石です。誕生石は18世紀にポーランドの宝石商によって考案されました。当初、利用される宝石は宝石商によって異なっていましたが、1912年8月にアメリカのカンサス・シティーで開催された米国宝石組合大会で統一されました。最近では、誕生日別の誕生石(誕生日石)や生まれた曜日別の誕生石(誕生曜日石)も登場しています。

 

日本の誕生石について

 日本の誕生石が発表されたのは1958年です。アメリカのものを基準にしていますが、国内の事情を反映させて、若干の修正が加えられています。例えば、3月には桃の節句があることから桃色が美しいサンゴが追加されました。新緑が美しい5月には、古来から日本人に好まれている緑色のヒスイ(翡翠)が加わっています。日本の誕生石と、その象徴するものと意味づけを下にまとめました。

1月   ガーネット       真実・友愛・忠実

2月   アメシスト       誠実・心の平和

3月   アクアマリン  ブラッドストーン サンゴ    沈着・勇敢 ・聡明     

4月   ダイヤモンド      清純無垢

5月   エメラルド   ヒスイ     幸運・幸福    

6月   ムーンストーン  真珠(パール)   健康・富・長寿    

7月   ルビー         熱情・仁愛・威厳

8月   ペリドット   サードニクス     夫婦の幸福 ・和合     

9月   サファイア       慈愛・誠実・徳望

10月  オパール   トルマリン      歓喜・安楽・忍耐     

11月  トパーズ    シトリン     友情・希望・潔白   

12月   トルコ石   タンザナイト ラピスラズリ 成功      

 

誕生石に関する質問で最も多いのが、複数の宝石が定められている月の場合、どれが正しいのかという質問です。3月、5月、6月、8月、10月、11月、そして、12月で、複数の宝石が誕生石に選定されており、多くの方が疑問を感じていると思います。先に説明しましたが、誕生石の選定は宝石商が決めたものです。月が合っていれば、どの宝石でも構いません。全種類を揃えてもよいし、好きなものだけにしてもよいでしょう。あまりこだわらずに、その時のインスピレーションで選ぶことが大切ですよ。